河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。現在、阪大特別教授、応用物理学会会長理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長

理化学研究所主任研究員(2002-12)、同チームリーダー2012-15)、日本分光学会会長(2007-08)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任。大阪大学では1993年から教授(応用物理学専攻、生命機能研究科、情報科学研究科教授などを歴任)、阪大にフロンティア研究機構やフォトニクスセンターを創設。

江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は27冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。阪大・理研での面談希望は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2016年5月23日 Theo Murphy International Scientific Meeting New Horizons for Nanophotonics Chicheley Hall, UK 
2016年3月20日 Focus on Microscopy 2016 NTUH International Convention Center, Taipei, Taiwan  
2016年2月13日 SPIE Photonics West 2016 LASE The Moscone Center, San Francisco, US 2/17(wed) 
2015年12月10日 Asian CORE symposium "Nanophotonics in Asia 2015" 大阪大学中之島センター 
2015年12月8日 Asian CORE Student Meeting 2015 大阪大学フォトニクスセンター  
2015年11月29日 MRS The Hynes Convention Center Boston, Massachusetts, US (Symposium UU) 
2015年11月25日 サイエンスカフェ ナレッジキャピタル 
2015年10月29日 TERS 5 大阪大学中之島センター 
2015年10月23日 日本オプトメカトロニクス協会 光部品生産技術部会講演会 機械振興会館 
2015年10月14日 ISOT 2015 Microcity, Neuchatel, Switzerland 
2015年9月27日 Scix 2015 Rhode Island Convention Center, US 
2015年9月12日 応物学会秋季講演会 名古屋国際会議場 
2015年8月9日 SPIE Optics + Photonics 2015 San Diego Convention Center, US 
2015年8月6日 iNOW 2015 東工大 大岡山キャンパス 
2015年8月3日 観音寺一校・阪大体験入学 阪大講義棟P1-111;90分  
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら



今月のメッセージ NEW


大学は2学期制がいいのか、それとも4学期制?


高等学校であんなに勉強したはずの英語が、大学に入るとあっという間に忘れてしまって、受験の時のレベルには戻れないと言われています。受験という目標を失ったせいなのか、大学の教養課程の英語の先生の教え方が良くないのか。英語に限らず教養課程に限らず、およそ大学の授業で学んだことはずっと以前から今日に至るまで、どこの大学で学んでもなかなか身につきません。だから教養部を廃止せよとの文科省の圧力で,東大以外の日本の大学はすべて教養部を廃止し、入学後直ちに専門課程の先生が教育に関わるようになりました。その結果は何の効果も生み出さなかったように思います。ゆとり教育も大学院重点化も国立大学法人化も、ポスドク十万人計画も大学発ベンチャー1千社計画も、結果を見ればおよそいい結果を示したものなどありません。そして誰も責任を取らないのです。


最近は、国立大学の人文社会系学部を縮小整理するようにとの国からの指導(?)がありました。もちろんこれも失敗に終わると思います。リベラルアーツを大切にせずに職業訓練と成果主義中心の教育は、短期的には効率は良く見えても国際的に尊敬される人たちを育てることはできません。知性、教養、品格、倫理観を大切にしない人材養成は、国益になりません。


失敗だらけの教育改革が続きますが、一つだけ良いかもしれないことがあります。それは大学の学期制度の変更です。今までの2学期制度を4学期にするよう各大学に指導があるようです。私の勤める大学は3学期制を選びました。3学期制は日本の小中高の学期制と整合しており合理的だと思います。しかし、この制度導入には大激論がありました。そしてそれは、今なお続いています。先日の総長選挙で新しい総長が選出され、3学期制の実施を取りやめるのではないかと言う憶測もあります。


私がその昔に勤めていたアメリカの大学は4学期制(クオーター制)でした。春夏秋冬の4学期です。そのうち夏学期は休みですから日本の3学期制と同じにみえるかもしれません。しかし、夏学期は夏休暇ではなく学生達は他大学や学外でインターン活動をし、単位を修得します。秋入学は日本以外の多くの国で採用されていますが、それは必ずしも9月あるいは10月始まりを意味しません。オーストラリアや南アフリカのように南半球の国では、夏休みは日本の冬にあるので、2月か3月に入学します。


さて、なぜ3学期制あるいは4学期制が良いと私が考えるのか、それは同じ科目の授業を1週間に複数回学べるからです。今の日本の大学では同じ科目の授業は週1回しか開かれません。その日が国民の休日だと、2週間後まで授業がありません。それでは学んだ内容をすっかり忘れてしまうのです。学期の長さが半分になると、同じ回数だけ授業をするためには週に2回同じ科目の授業が行われます。アメリカでは、授業は最低週2回あります。週3回も普通です。


もし高校で英語の授業が週1回なら、先週に学んだ単語や文法は1週間の間にすべて忘れてしまうことでしょう。数学も同じです。それ以外の科目も同じ。大切な授業ほど,週に多く開講されます。学ぶと言うことは繰り返しが必要です。


ピアノを週1回だけ練習しても,決して上手くなりません。楽器は毎日練習することが大切です。スポーツも同じです。週1回ジムに通ってマシントレーニングしても、筋肉は鍛えられません。せめて週2回はジムに来ないと効果がないと言われます。月に一度英語の勉強をしてもダメです。少なくとも週2回、できれば毎日でしょう。


この当たり前のことが日本の大学では理解されないのです。私が属する学部では、3学期制を導入はするものの、週2回の授業を連続して開講し週1回にすることが計画されています。週1回では、身につきません。「学ぶ」と言うことの基本すら分からない教授達がいるのです。


2学期制でも3学期制でも4学期制でも、私は構いません。同じ科目の授業を週2,3回受ける事が学ぶ人たちにとって大切だと思うのです。教える側の教授は、週2回は面倒でしょう。2回分まとめて週1回の方が楽でしょう。しかし、それでは教育者失格なんです。


教授達の知性と教養と品格に期待するのみです。


Copyright © 2015 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<