河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。現在、阪大特別教授、応用物理学会会長理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長

理化学研究所主任研究員(2002-12)、同チームリーダー2012-15)、日本分光学会会長(2007-08)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任。大阪大学では1993年から教授(応用物理学専攻、生命機能研究科、情報科学研究科教授などを歴任)、阪大にフロンティア研究機構やフォトニクスセンターを創設。

江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は27冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。阪大・理研での面談希望は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2016年5月23日 Theo Murphy International Scientific Meeting New Horizons for Nanophotonics Chicheley Hall, UK 
2015年12月10日 Asian CORE symposium "Nanophotonics in Asia 2015" 大阪大学中之島センター 
2015年12月8日 Asian CORE Student Meeting 2015 大阪大学フォトニクスセンター  
2015年11月29日 MRS Boston, Massachusetts 
2015年10月29日 TERS 5 大阪大学中之島センター 
2015年10月23日 日本オプトメカトロニクス協会 光部品生産技術部会講演会 機械振興会館 
2015年10月14日 ISOT 2015 Neuchatel, Switzerland 
2015年9月27日 Scix 2015 Rhode Island Convention Center, USA 
2015年9月12日 応物学会秋季講演会 名古屋国際会議場 
2015年8月9日 SPIE Optics + Photonics 2015 San Diego Convention Center 
2015年8月3日 iNOW 2015 東工大 大岡山キャンパス 
2015年7月26日 Optofluidics Howard Civil Service International House Taipei 
2015年7月13日 2015 OSK Annual Summer Meeting Gyeongju, Korea 
2015年7月10日 大塚電子株式会社45周年記念パーティ 京都 東急ホテル 
2015年6月28日 ICMAT Suntec Singapore, Room 320, 7/3(fri) 9:00-9:30 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ




今月のメッセージ NEW


Apple Watch?


2年2ヶ月前に「Googleめがねは失敗する?」と題したエッセイを書きました。Googleめがねは、視野を妨げるし汗をかいたり雨が降ったりしたらとても鬱陶しい、ウエアラブルは嫌いだと言うことを書きました。Steve JobsはiPod、iPhone、 iPadを作って皆の生活を変えてくれたけれども、iWatchのようなウエアラブルは企画しないだろうとも書きました。


それでも私は、AppleWatch発売の日の発売開始時間に並びました。


ちょうど、iPhone発売の日のあの朝のように。もし買うならば、人よりも先でなければならないのです。科学者の性です。人より後に発表しては、発明者・発見者にはなれません。科学者は世界一である必要はないけれども、世界最初でなければならないのです。そして1ヶ月近く待って、ようやくAppleWatchを身につけるようになりました。


iPhoneの登場で腕時計をつける機会がすっかり少なくなった私には、久しぶりの腕時計はまさに腕を鎖で繋がれた気分です。私が時計をつける場面は、パーティーなどの公的な場所か時差のある海外を移動する時に限られていました。最近、それらの場面に相応しい超高級時計と世界中どこに行っても使える電波時計が数多く発売されてきました。しかし、どちらも私にはやたら分厚くて大きくて重いのです。海外出張の時はカシオのディジタル表示の時計を使ってきたのですが、最近ついに動かなくなってしまいました。新製品は分厚くて重くて、たくさんの針がそれぞれの軸をまわり、都市名などの文字が小さく、リューズの使い方が難しそうです。合わせるべきその都市名が小さくて見えません。アスリートや登山家向けになら、ディジタル表示の時計もありますが、気圧や位置を測るために、大きくて重い腕時計しか見つかりませんでした。


そこに、AppleWatchの登場です。重さはわずか30g!!


何人かの人からは、最初の製品は初期不良が発生するから買わない方が良いでしょう、二つ目のモデルが出るまで待つべきでしょう、とアドバイスされました。その通りだと思います。しかし、もし買うのなら最初でなければ科学者失格です。海外出張も目白押しです。


結局買いました。


そして、汗をかく時は時計はしないと言う信念に反して毎日AppleWatchを腕につけています。使い勝手を聞きかれます。尋ねた人にAppleWatchで電話で話をしてみせて、LINEに話しかけてSiriの音声認識がいかに優れているかを見せびらかして、カレンダー、天気、脈拍、世界時計などなど、自慢します。みんなが羨ましがってくれるので、これですっかり元手を取り返した気分です。シンガポールでのディナーでも皆の中心にいましたし、国内のいろんな集まりでも同様です。これが数ヶ月すると、もう誰も私の時計に見向きもしなくなるでしょうがそれで結構、もう十分です。


なぜ、汗をかくときもAppleWatchが放せないないかというと、Activityというアプリのせいです。これで毎日、何キロカロリー消費したかとか、何分エクササイズをしたかとか、あるいはサイクリングやウォーキングのデータが蓄積されて、そしてメダルがもらえるのです。以前にiPodとNikeとのコラボのランニング・センサーで世界の人とランニング競争したことを思い出します。


ウエアラブルが気に入らないのに、ウエアラブルに繋がれています。


でも、これはiWatchではありません。AppleWatchです。Steve JobsはiWatchは作らなかったのです。私はSteveがApple社にいない間もずっとMacintoshだけを使い続けてきて、PCは一切使ったことはありません。彼を裏切ったわけではないのです。2年前のメッセージでもウエアラブルは嫌いだけれど、AppleWatchを買わないとは書いてませんよ。


先月に「言い訳をして得をすることはありません」と書いたばかりなのに、、、、、。


Copyright © 2015 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<