河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。

現在、阪大特別教授、理研チームリーダー、(社)応用物理学会会長、ナノフォトン(株)代表取締役会長、など。

2002-2012 理研主任研究員、2007-08 (社)日本分光学会会長、2000-2009年、Optics Communications (Amsterdam) 編集長、など

江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など受賞。

レーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業。「阪大フロンティア研究機構」の初代機構長。平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長、など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は27冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。阪大・理研での面談は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2015年11月29日 MRS Boston, Massachusetts 
2015年10月18日 OSA FiO The Fairmont San Jose 
2015年9月12日 応物学会秋季講演会 名古屋国際会議場 
2015年8月24日 CREO-PR 2015 Busan Exhibition & Convention Center 
2015年8月9日 SPIE Optics + Photonics 2015 San Diego Convention Center 
2015年7月26日 Optofluidics Howard Civil Service International House Taipei 
2015年7月13日 2015 OSK Annual Summer Meeting Gyeongju, Korea 
2015年6月28日 ICMAT Suntec Singapore 
2015年6月17日 EM-NANO 2015 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 
2015年5月13日 ナノファンクショナルマテリアルシンポジウム 岡山大学 津島キャンパス 
2015年4月23日 Scientific Advisory Board Meeting in Erlangen / Max Planck Institute for the Science of Light Hotel Bayerischer Hof 
2015年4月5日 国産顕微鏡100年展 国立科学博物館 
2015年3月20日 理研 光量子工学研究領域 TL特別講演会 理研 和光本所 研究交流棟W319 
2015年3月11日 応用物理学会 春季講演会 東海大学 
2015年2月25日 International Joint Research Promotion Program Kick-off Meeting MAScIR 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ

月日タイトル
2014年12月 長い休み 
2014年11月 中小企業は素敵! 
2014年10月 なんじゃらほい 
2014年08月 インフェルノ 
2014年07月 「タブー」と「KY」:続編 
2014年06月 「タブー」と「KY」 
2014年05月 大阪大空襲 
2014年04月 The Power of Silence 
2014年03月 船長が責任感のある人だったら 
2014年02月 鍵泥棒のメソッド 
河田聡の今月のメッセージ」ページから 10 件のアイテムを月日順に表示しています。 もっと見る »



今月のメッセージ3ヶ月分一挙掲載 NEW

大晦日のメッセージ

長い休み


上方落語に「浮かれの掛け取り」というネタがあります。昔は毎回の現金払いよりもツケ払いが一般的で、五十払い(のつく日に取り立てて支払う)とか節季払い(季末毎に払う)とかが普通でした。とくに大晦日には、一年間の回収できなかったツケをまとめて集金します。落語では長屋の熊五郎が次々とくる掛け取りをあれこれと騙して追い返します。ところが、この年末の大騒動の掛け取りが最近はなくなってきたようです。ことしは大晦日より5日も前の、26日に仕事納めをします。いまは、役所の御用納めと同じ日に仕事納めにする会社が多いようです。御用始めが1月5日ですから、正月休みは一週間を遙かに超えて実に9日間に及びます。「年が越せない」というのは、もはや死語です。皆さん、平和にのんびりと年末を過ごせるようです。しかし、日本が止まっているこの9日間にも、世界はめまぐるしく動いています。経済は毎日毎時毎分毎秒、確実に変化しています。


かつて世界の人たちからエコノミックアニマルと呼ばれて、尊敬も軽蔑もされてきた働き蜂の日本人は、いまや世界一の祝日数を誇る働かない国の人たちになりました。昔は土曜が半ドンであったのが完全土日週休2日になったことに加えて、国民の祝日は増え続けています。正月9連休や4−5月のゴールデンウイークに加えて、毎月毎月の国民の祝日(来年は山の日もできるらしい)とお盆休みがあり、そのたびに日本の経済は停止し、世界の競争から取り残されます。特に国民の祝日をずらして月曜に休みを集中させた結果、週の初めにその後の一週間の戦略が立てられなくなっています。


大学も、今や休みだらけです。月曜は休みが多すぎて、授業が成り立ちません。他の国にはないこの祝日の多さによって、学生のレベルは低下します。アメリカでも中国でも学生は土日に勉強をしますが、日本はどうでしょう。


私は日本の経済力の低下は日本の祝日が多すぎることが一因だと思っています。日本の学生の学力の低下も日本の祝日が多すぎるからだと思っています。企業で働く人たちがそれぞれ個別に休みを取るのならいいのですが、会社全体を休業すると世界のライバル企業に比べて、明らかに不利になります。売上げや利益は、営業日数に比例するのです。グローバル企業において日本での営業日の少なさは致命的な敗北をもたらしています。大学の休日数の多さも、グローバル時代における日本の教育の敗北です。


日本の祝日が増えれば、日本の観光地やショッピング業界にはプラスだと考える人たちがいます。内需拡大につながると言うわけです。経済構造を内需だけしか考えられない人たちの発想です。日本で好景気なのは、コンビニエンスストアです。年中無休だからです。営業時間が長い方が売り上げが増えるのです。工場を止めたり会社を閉める日数が多いと売り上げが減り、その結果社員の給料が下がります。結局消費は増えず、内需は拡大しません。


日本の国は祝日の数を減らすべきです。休みはそれぞれ個人が自由に取れるようにして、企業の一斉休業は止めるべきです。国は国民の祝日などの余計な制度はできるだけ減らすべきです。


日本の経済停滞や日本の若者の学力低下は、このような国のお節介な政策や規制が生み出したと考えます。政府は国の安全保障や重要な政策だけに集中して、休日の設定などはそれぞれの人や企業に任せるべきです。鎖国政策による内需だけで生きるというガラパゴス経済社会からTPPへ参画してグローバル経済社会への転換を目指すのなら、政府は民を信頼して制度や規制を減らすことです。


老子は言います。


「聖人云、我無爲而民自化。我好靜而民自正。我無事而民自富。我無欲而民自樸」(老子57章の末節)


訳すなら、


指導者が何もしなければ、民衆は自ら育つものである。役人が静かにしていれば、民衆は自らを正す。政治家が何もしなければ、民衆は自ら豊かになる。役人が何も欲せなければ民衆もまた素朴に生きる。


日本人の依頼心は、国(政治家、役人)が生み出したのです。


官僚になると、新しい制度を作りたくなります。浪人が刀を持つと、試し斬りをしたくなるのと同じです。総理大臣になると、解散をしたくなります。しかし、辛抱してください。老子は言います。聖人は民衆を信頼し何もしないという勇気と能力を持ちなさい、と。


「以正治國、以奇用兵、以無事取天下。吾何以知其然哉」(老子57章の導入節)


国を正しく治めるために、様々な政策やプログラムを作りたくなるでしょう。しかし何もしないのがいいのです。聖人は余計なことをしないのだということを、兵法家であった老子が教えてくれているのです。


来年には、さらに「山の日」という祝日を作るそうです。私は国の祝日になど惑わされることなく、来年も祝日には思い切り働いて平日に自由に休みたいと思います。年内は31日まで精一杯働いて、その後は穏やかなお正月を迎えます。実は、喪中なんですが、、、。


追記:
1.関連話題を月曜がお休み?」と題して以前に今月のメッセージに書きました。
2.老子の57章は、福沢諭吉の「独立自尊」「国を支えて国に頼らず」、サミュエル・スマイルの「自助論」「社会制度にできることがあるとすれば、人々を放っておくことぐらいであろう」と同じメッセージです。福沢諭吉については「壱万円札の人」、サミュエルスマイルについては「自助論」と称して、今月のメッセージに書きました。

Copyright © 2014 河田 聡 All rights reserved.


先月のメッセージ

中小企業が素敵!


最近、銀行の方々と付き合う機会が増えました。初めての人にお会いすると、「半沢直樹」や「花咲舞が黙ってない」、「株価暴落」など池井戸潤さんのテレビドラマや銀行小説について、尋ねてみます。「ドラマの通りですよ」「小説の通りですよ」という答えがほとんどです。「あんなことは小説の中だけですよ」と言われた人は、これまでのところおられません。もし本当なら銀行員さんは本当に、精神的に厳しい仕事をしておられるということですね。あんなに過酷なら、銀行員の給料は高くていいと思います。最新作「銀翼のイカロス」はこれまでの半沢直樹シリーズとは異なり実際にあった事件をモデルにしている点で、むしろ「空飛ぶタイヤ」や「下町ロケット」風です。それもマスコミが大きく騒いだ生々しい事件を複数絡めてドラマ展開しているのが、エンタテイメントとして面白い。山崎豊子さんと同じ手法でしょうか。


そう言えば、私たちが12年前に創業した中小企業で製造業の「ナノフォトン」にも、池井戸潤さんの小説そっくりの事件が起きました。4年前に同業者に特許侵害で訴えられ、とても厳しい状況が続きました。裁判は長引き、技術系社員の時間的負担や裁判費用に苦しみました。相手はそれが狙いだと分かりましたが、どうしようもありません。独創性だけが自慢の我が社を特許侵害で訴えるとは心外(だじゃれ!?)ですが、会社の信用は落ち、営業にも支障を来たしました。


私たちは昨年8月にその特許侵害裁判に地裁で勝訴し、今年9月に高裁でさらに勝訴しました。10月末までに最高裁への上告がなかったので、これで確定です。3度の勝利です。それでも私たちが逆に訴えることはしません。


「倍返し?」


いいえ、私たちは裁判所で争うのではなく、市場で製品でもって競いたいと思います。そうはいってみても、性能重視の我が社は価格競争はできません。ルーズベルトゲームじゃあないけれど、中小企業は大海の小舟です。


ソニーの会長(当時)の盛田昭夫さんは、ソニーがグローバル企業になった後も、特許で金儲けをする欧米の企業文化を厳しく非難していました。最近は、日本の科学界では論文数や論文引用数を、日本の産業界では特許数を話題にすることが多いのですが、論文数が科学が進歩させることはなく、特許数で新製品が増えて売上が増えることはありません。顧客が求める製品を提供することが製造業の役割であり喜びであるはずです。特許ゲームは顧客にプラスにはなりません。盛田さんはその他にも、「株主のための企業か従業員のための企業か」といったことにも踏み込んで議論をし、行きすぎた欧米文化をたしなめておられます(「Made in Japan」第5章「アメリカ式と日本式、その相違」、日本語版は1990年刊、朝日新聞社)。盛田イズムの影響を一番強く受けているのは、アップル創業者のスティーブ・ジョブズです。ナノフォトン社も盛田さんの言葉通りに、社員の給料を現在の大企業並みから、さらに高くすることを目指しています。


ナノフォトン社はベンチャー企業ではありません。大学発の中小企業です。社員を守り、会社を潰しません。中小企業は大企業の下請けであり、大企業に虐められて、社員の給料も大企業よりも安いと言うイメージがあります。しかし、中小企業のナノフォトン社は大企業の下請けではありません。顧客に、直接製品を販売します。日本の大企業は最近こぞって、「B to C」(個別の顧客への商売)から「B to B」(企業間ビジネス)へ事業モデルを転換しようとしています。私の定義では、「B to B」は下請け商売であり限られた会社とだけ交渉する危険な商法です。日本の中小企業が大企業に虐められていた構図は、このB to B」に頼りすぎていたからではないでしょうか。両方の組み合わせが必要です。B to C」で成功してきた大企業が、いまさら「アップルの下請けになりたい」と願う発想は経営者としてはバカだと思います。バカなことは大企業に任せて、中小企業はむしろ、大勢の顧客を相手にする「B to C」ビジネスに転換するべきだと思います。それこそがアップルというかつての中小企業が目指してきた道であり、パナソニックやソニーなど戦後に成功を遂げた企業のビジネスモデルだったはずです。今成功しているアマゾンもユニクロも楽天も、消費者を相手に「B to C」ビジネスで成功しています。


「大きいことはいいことだ」と、山本直純さんがコマーシャルで歌っておられたことを思いだします。高度成長時代のことです。しかし、大きい会社もかつては中小企業から始まったのです。


中小企業、素敵じゃあないですか。


註:ナノフォトンのプレスレリース:2010年12月2014年92014年11月



Copyright © 2014 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<     >次月のメッセージ>


先々月のメッセージ

なんじゃらほい


御嶽山の噴火があったときは海外にいましたので、このニュースはインターネットで知りました。


ごげんやま?


御嶽山が「おんたけさん」のことだと気付くのに、しばらく時間がかかりました  [1] 。私の知っている「おんたけさん」とは木曽節にでてくる「御岳さん」です。字が違います。御岳さんの「さん」は富士山の「山」ではなくて、お稲荷さんとか天神さんの「さん」です。関西では昔から人以外にも「さん」をつけて呼びます。お粥は「おかいさん」、豆は「お豆さん」、芋は「おいもさん」です。頭には「お」も付きます。だから「おんたけさん」はまさに「おん岳さん」なんです。ちなみに、うどんは「おうどん」、そばは「おそば」、茶漬けは「お茶漬け」、たくわんは「お香々」、醤油は「お醤油」、ソースも「おソース」です。さんがつくのは食べ物に限りません。かまどのことは「へっついさん」、朝起きたら「おはようさん」、めでたいことがあれば「おめでとうさん」。坂田利夫さんは「ありがとしゃーん」。関東もそうなのかなあ。


最近は日本中、何にでもやたら「さん」をつけるような気がします。「阪大さん」とか「理研さん」、「応物学会さん」と言われると、こちらも相手の組織を呼び捨てしにくくなります。大学や研究所も法人になったので、人としてさんをつけるのでしょうか。民間企業でも、最近では互いに取引先や同業者に「さん」をつけて呼んでいます。ニコンさん、オリンパスさん、ナノフォトンさん、、、。私には慇懃無礼な気がして、失礼ながら会社名などは呼び捨てています。

さて、御嶽山の話。「木曽の岳さん」の民謡は誰でも知っておられるでしょう。

木曽のなあ 中乗りさん
木曽の御岳さんは なんじゃらほい

夏でも寒い よいよいよい

はあ よいよいよいの よいよいよい


御岳さんはなんじゃらほい? 民謡の歌詞っていうのはいい加減やなあ。なんじゃらほいとは、なんじゃらほい。そういや「ソーラン節」の「やーれんそーらん、そーらんそーらん」も意味が分からない。かけ声だと言われても、何か意味があるんじゃあないのと考え込みます。「なんじゃらほい」は梵語で盆踊りを意味する「ナムチャラホイ」から来たとする説がネットに載っていました。


話が著しくずれました。


御嶽山以外にも今年は桜島や阿蘇山が噴火し、西之島は噴火の結果、新島が繋がり面積を拡大し続けています。


日本の火山は活動期に入ったのでしょうか。そのうち富士山も爆発するのでしょうか。マスコミが煽ります。連日朝から晩まで御嶽山のニュースを流し続け、ついでに雲仙普賢岳が噴火したときの火砕流記録テープなどを流し続けると、たしかに噴火が増えてきたような気になってきます。地球の内部はマグマです。特に最近、噴火や地震が増えているわけではありません。


最近、世の中には凶悪で冷酷な殺人事件が増えてきているように思いませんか?でも本当は、戦後一貫して殺人事件は減り続けています。同じ事件を繰り返しテレビで流すと、事件が増えてきているような錯覚に陥ります。テレビは、視聴率が稼げる事件や事故が欲しいのです。それもできるだけ悲惨な事件や事故がいい。テレビ局が悲惨な事件や事故を何度も何度も繰り返し放映するのは、視聴者がそれを求めているからです。視聴率が稼げるのです。朝日新聞の慰安婦事件の捏造や原発証言の操作も、できるだけ醜い事件を視聴者が求めていると考えての行為だったと思います。メディアは同じ映像を何度も流すのではなく、世界をまわって取材をし、新しいニュースを発掘して知らせて欲しいものです。小保方さんのニュースを繰り返し放映するのも、ノーベル賞受賞者の家族や小学校時代の友達を追い回すのも取材としては楽でしょうが、つまらないしよろしくありませんね。


なんじゃらほい、です。


[1]  NHKのニュースやフジテレビの番組では、キャスターが「みたけさん」と読んだそうです。



Copyright © 2014 河田 聡 All rights reserved.