河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。現在、阪大特別教授、理研名誉研究員、応用物理学会会長、ナノフォトン株式会社代表取締役会長

理化学研究所主任研究員(2002-12)、同チームリーダー2010-15)、日本分光学会会長(2007-08)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任。大阪大学では1993年から教授(応用物理学専攻、生命機能研究科、情報科学研究科教授などを歴任)、阪大にフロンティア研究機構やフォトニクスセンターを創設。

江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は27冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成、2015年に改定。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。東京お茶の水と大阪中之島で開催する科新塾と平成洪庵の会にも現れます。阪大・理研での面談希望は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2016年11月2日 JSTさきがけ成果報告会 東京大学理学部小柴ホール 
2016年9月18日 SciX 2016 Hyatt Regency Hotel, Minneapolis, MN, US 
2016年9月4日 NFO-14  2016/09/05, Act City, Hamamatsu, Japan 
2016年8月29日 SPIE Optics+ Photonics 2016 San Diego Convention Center, California, San Diego, USA 
2016年6月5日 CLEO: 2016 San Jose Convention Center, San Jose, CA, US 
2016年6月1日 Nano Tech France 2016 Pôle Universitaire Léonard de Vinci, Paris, France 
2016年5月23日 Theo Murphy International Scientific Meeting New Horizons for Nanophotonics Kavli Royal Society Centre, Chicheley Hall, Buckinghamshire, UK 
2016年4月4日 SPIE Photonics Europe 2016 SQUARE Brussels Meeting Centre, Brussels, Belgium 
2016年3月28日 2016起業工学国際シンポジウム 京都工芸繊維大学 
2016年3月23日 ICNP2016 Taipei, Taiwan 
2016年3月20日 FOM 2016 (Focus on Microscopy) NTUH International Convention Center, Taipei, Taiwan  
2016年3月19日 公開シンポジウム「科学と産業の凋落と再興:応用物理と未来社会」 東工大 大岡山キャンパス 
2016年2月13日 SPIE Photonics West 2016 LASE 2016/02/18, 11:10am~ The Moscone Center, San Francisco, US  
2016年2月4日 IYL Closing Ceremony Yucatan Siglo XXI Convention Center, Merida, Mexico 
2015年12月22日 日本学術会議電気電子工学委員会公開シンポジウム  日本学術会議 講堂 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ

月日タイトル
2016年01月 昭和91年 
2015年12月 合併と連携は他力本願 
2015年11月 大学教授が起業して、そして儲ける 
2015年10月 貧者の高速道路 
2015年09月 ガラパゴス諸島の平和 
2015年08月 大学は2学期制がいいのか、4学期制か? 
2015年07月 Apple Watch? 
2015年06月 言い訳して得をすることはない 
2015年05月 スポーツ庁?(大阪都構想住民投票記念) 
2015年04月 米朝さん 
河田聡の今月のメッセージ」ページから 10 件のアイテムを月日順に表示しています。 もっと見る »



お正月のメッセージ

昭和91年

今年は平成28年だそうです。今頃言うのも間の抜けた話ですが、実は平成になってから西暦と平成の年が混乱してしまい2つの年をどうしても覚えられません。昭和の時は西暦の下2桁から25を引けば昭和年になったのですが、平成になってからは西暦からの足し引きが覚えられず、12年を足すのか引くのだったか混乱します。2000年すなわち平成12年以降はこの計算が楽になったはずなのですが、最後の桁が微妙に2しか違わないのが難しいのです。平成28年=2016年なのか、平成26年=2018年なのか、いつも悩みます。書類に署名日の記入を求められる度につらい。毎度、いま平成何年ですかと尋ねることになりみっともない限りです。12月ぐらいになるとさすがに間違わなくなりますが、正月になるとリセットされてしまいます。東京オリンピックは、平成何年なんだろう。地下鉄御堂筋線(北大阪急行)の箕面への延伸が平成32年度だとかいわれても、何年後なのか分かりません。しかも年じゃあなくて年度です。私にとっては、今年は昭和91年、これが一番わかりやすいです。そう、戦争が終わって71年です。


正月にここまで書いて、そのままホームページのアップを怠ってしまいました。今年の正月休みが短かったからです。私は例年、お正月休みにたまった原稿を書くのですが、今年はお正月休みが短くて原稿が書ききれずにメッセージまで手(ではなく筆?)が届きませんでした。今年は1月4日から授業が始まりました。1月4日が月曜だったからです。私も留学生向けの講義が4日に、5日は学部生の講義がありました。正月休みにはこれらの準備もしていました。


大学の年末の業務は,最近は28日までです。そこから冬休みですから、今年は合計6日間の休みがあったことになります。ただ,教授達は様々な会議や忘年会も含めて31日まで働くので、今年の休みは文字通り三が日だけでした。


気に入らないなあ。


冬休みが早く始まりすぎて,お正月は短すぎます。年末は大晦日まで目一杯働くべきです。そして除夜の鐘が鳴り終わるとお正月。お正月は、松の内の間は休みです。お正月は家に神様をお迎えしているので、働いてはいけません。料理をするのも掃除をするのもダメです。年末中におせち料理を作っておいて,お正月は料理禁止です。食後に洗いものをするのもダメです。だからお重におせちを入れて、お箸も洗わないので名前を書いておきます。年末に餅つきをして、正月はお米を炊きません。と、母や祖母から教わりました。


年末は31日の夜中12時まで集金に回ったり掃除をしたりして働きます。ゆっくりと夕食を食べる時間すらないので、年越しそばで済ませるのです。そして年を越えると、お正月。もう働かない。借金もチャラです。


ところが、先に述べたとおり、最近の日本は大学も含めて年末早くから休みに入ります。そして、正月に開いているお店も増えてきました。年末はぎりぎりまで働き抜いて、そうしてたっぷりお正月を取る方がさわやかだと思うのは私だけでしょうか。年末は12月31日深夜まで仕事をして、お正月は1月7日あるいは15日まで休みがいいなあ。


大学の新学期は4月1日からですが、新学期の授業は4月1日からは始まりません。入学しても進級しても、ずるずるとして授業が始まるのは4月8日とか9日からです。


けじめがない。


私の研究室では毎年4月1日から2日にかけて,ON Conferenceと呼ぶWelcome School(勉強会)を泊まりがけで開きます。研究室の方針の説明やルール、研究のやり方を説明し、先輩が自分たちの研究を新入生(学生とは限りません。大学院生やポスドク、客員研究員などの新しいメンバーもいます)に紹介します。そして新人歓迎のパーティー(新歓コンパ)です。そして翌日から研究室生活に入ります。


けじめがあるでしょう。


日本人は本来は潔く、かつけじめを大切にする国民です。


私も正月のメッセージは1月1日にアップしたかったです。さて、昨年2015年はユネスコが国際光年と認定し、世界中で様々な行事を開きました。アインシュタインの光量子論から100年、マクスウェルが電波は光波である指揮を示して150年、フレネルが光を波だと説明して200年、そしてイブ・アル・ハイサムが光の教科書を書いて1000年!を祝しての記念年です。


もうけじめだらけです。


この原稿は、メキシコのメリダで開催されている国際光年のクロージング・セレモニーへの移動中に書きました。


Copyright © 2016 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<