河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。現在、阪大特別教授、理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長

理化学研究所主任研究員(2002-12)、同チームリーダー2010-15)、日本分光学会会長(2007-08)応用物理学会会長(2014-16)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任。大阪大学では1993年から教授(応用物理学専攻、生命機能研究科、情報科学研究科教授などを歴任)、阪大にフロンティア研究機構やフォトニクスセンターを創設。

江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は27冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成、2015年に改定。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。東京お茶の水と大阪中之島で開催する科新塾と平成洪庵の会にも現れます。阪大・理研での面談希望は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2017年4月23日 AOM 2017 2017/04/23, Nanjing, China 
2016年12月7日 NANOP 2016 University Pierre and Marie Curie, PARIS 
2016年12月4日 Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium Awaji Yumebutai International Conference Center 
2016年12月2日 第六回UU-BOS 宇都宮大学 
2016年11月15日 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 東京大学生産技術研究所 
2016年11月2日 JSTさきがけ成果報告会 東京大学理学部小柴ホール 
2016年10月30日 OPJ2016 筑波大学 東京キャンパス 文京校舎 
2016年10月12日 SPIE Photonics Asia Beijing International Convention Center, Beijing, China 
2016年9月18日 SciX 2016 Hyatt Regency Hotel, Minneapolis, MN, US 
2016年9月4日 NFO-14  2016/09/05, Act City, Hamamatsu, Japan 
2016年8月29日 SPIE Optics+ Photonics 2016 San Diego Convention Center, California, San Diego, US 
2016年8月1日 観音寺一校・阪大体験入学 阪大講義棟P1-111;90分  
2016年7月20日 大阪大学経済人会 リーガロイヤルホテル 
2016年6月5日 CLEO: 2016 San Jose Convention Center, San Jose, CA, US 
2016年5月28日 科新塾御茶ノ水 日本大学 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ




先月と今月のメッセージ


競争とゆとり


今の若者は冒険心がないと、年長者が批判します。確かにいずれの統計データも、日本の若者には大きな夢がなく、海外に行かず冒険をしないことを示しています。若者は激しい競争を好まず、周りの空気を気にします。「ゆとり教育」の失敗だと言われ、自分たちも納得しています。しかし、高度成長時代を経験していない世代がむやみに力まないのは当然だと思います。同い年の人口が40年で半減したのですから、ライバルの数もかつての半分です。一方、大学の数や入学定員、会社の数や採用人数は減っていないのですから、今の若者は昔のように競争しなくてもよくなったのです。いいことじゃないですか。「ゆとり世代」は文科省のゆとり教育政策の犠牲者ではなく、ライバルの人数が減ったことによる豊かな世代なんです。


とはいえ、文科省の「ゆとり教育」は「ゆとり」を理解できない人達たちが作ったゆとりのない政策でした。たとえば全員に一律に円周率πは3だと教えました。全ての人にですよ。実にゆとりのない発想です。π=3で満足な人とπが3.141592であることを知りたい人がいて、互いに違ってもいいんだよと言えることこそが「ゆとり」ある人の教育政策です。全員にπ=3だと教えてそれで試験で戦わせるのは、ゆとりがない。このプログラムを作って運用する文部官僚たちにこそゆとりがなかったのです。


私は、他人と競争することに興味がありません。他人を蹴落として勝ち抜くということには喜びも充実感もなく、まったく楽しくありません。子供の頃から競争が苦手で、他人と同じことをすることができませんでした。集団行動も苦手でした。集団の中に競争があったからだと思います。スポーツでも、集団でやる球技は興味がありませんでした。受験とか就職活動も一生懸命になれませんでした。少しでも有名な大学に入りたいとか少しでも有名な会社に入りたいという気持ちに、欠けていました。私自身は人並みに根性があるし、それなりに努力家だとは思います。しかしそれは他人に勝ちたいからではなく、自分自身のやりたいことを諦めたくないという気持ちからで、自分に負けるのが嫌だったのだと思います。途中で諦めたりサボったりすることは虚しくて悲しくて自分に嫌になり、もっと自分を高めて充実したいと思いました。このような集団行動が苦手で競争が嫌いであることは、私の短所だと思ってきました。


最近、日本の大学を卒業したあと、アメリカの一流大学の大学院に挑み、見事合格し勉学にいそしみ、その後年限を短縮して博士号を取得し、そしてアメリカで起業したという若い人と知り合いになりました。とても魅力的な若者です。起業した会社は投資家との関係でうまくいかなくて清算し、目下キャリアチェンジ、失業中で専業主夫をされています。その彼に大学院で学生たちに話をしていただきました。講演の後、科新塾や研究室の学生たちとの飲み会して大いに盛り上がりました。


学生たちの質問は、「アメリカに行った動機は何ですか?」「元々英語ができたのですか?」「大学院を終えていきなりどうして起業できたのですか?」「科学者指向から起業家へどうやって道を切り替えられたのですか?」等々、皆興味津々です。彼は少し考えて「高校の時からスポーツが好きだったので、競争心が強くてだから頑張れたのかなあ」、そんな感じの答えだったと思います。学生たちの感想は、「僕たちゆとり世代には、そんな競争心はないです」です。


でも、彼は他人と競争などしていません。むしろ競争相手のいない世界で挑戦したのです。当時の彼の競争相手である他の大学生は、誰もアメリカの大学院を目指してはいなかったと思います。孤独な挑戦だったと思います。その後の勝負も、他人との比較で選んだのではないと思います。他人を意識せず我が道を進まれたのには、他人との競争に追われない「こころの余裕」、「ゆとり」が彼にあったからだろうと思います。


ゆとり世代と呼ばれる人たちは、「君らは競争を好まない」と年長者に言われ続けてきたことでしょう。だけどゆとり世代の学生たちも、実はとてもよく頑張ります。ただ、他人を蹴落とすための競争をしないのです。そして、それは素敵なことだと思います。


集団行動が苦手で他人との競争に興味の無い私は、科学者に向いていたように思います。科学者にとって他人との競争心はまったく無用であり、むしろ障害です。科学を創るということは、孤独な作業なんです。他人を意識して、他人と競って新しい科学が生まれることはありません。他の人がやるならその人に任せればいい。他の誰もが気がついていないから、他の誰もが無理だと思っているから、研究するのです。ライバルなどいないのです。ニュートンもアインシュタインも他人との競争で万有引力の法則や微分方程式を考えたり、相対性理論や光量子説を創り上げたのではないと思います。そこには競争のない、しかしゆとりある世界があったはずです。科学と教育に一番大切なのは「ゆとり」、一番有害なのは「競争」です。


我が国の科学と教育に責任のある国の会議と役所は、科学研究や教育プログラムを「競争的資金」と呼びます。毎年毎年新しい「競争的資金」プログラムが作られて、5カ年計画を求めます。これは、日本の科学と教育を疲弊させ破綻させると思います。科学や教育にはぎらぎらした競争ではなく、ゆとりが大切なんです。会議の皆さん、役所の皆さんがまず、心に余裕を持たれることが必要だと思います。


Copyright © 2016 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<   >次月のメッセージ>



東海沖と南海トラフと活断層


今、羽田空港の函館行きのゲートの前でフライト出発の案内を待っています。時間は2016年6月16日午後2時40分。函館に震度6弱の地震が発生したとのアナウンスがあり、足止め状態になりました。今日は、熊本の地震からちょうど2ヶ月目です。熊本にもようやく仮設住宅が竣工しytsところでした。


5日前の6月10日、政府の地震調査委員会が今後30年以内に震度6弱以上の地震に見舞われる確率を示した予測地図(2016年度版)を発表しました。皆の関心事ですから、各紙社会面のトップ記事としてに大きく報道されました。今震度6弱で揺れた函館の30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率は、この予測では3%以下です。30年以内に3%どころか、発表の1週間後に震度6弱の地震が100%発生したのです。ここまでひどい予想は他には見たことがありません。国の機関が発表するので、一般の人々がそれを信じて命を落とすところが戦時中の大本営発表に似ています。


同じ発表記事では函館は3%以下ですが、横浜に30年以内に地震が起きる確率は81%、東京が47%です。千葉は85%、埼玉は55%です。要するに地震は首都圏に起きると断定しているのです。ちなみに静岡は68%です。この予想は2016年1月を基準にしているので熊本の震災の前の予測です。では、熊本市に30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率はいくらでしょうか。この発表によれば7.6%です。平然と新聞発表していますが、自分たちの予測はその後の熊本の地震でもって見事に外れましたという発表なのです。皮肉なことです。予測地図で安全とされた地域に地震が起きるだろうと予想した方が、むしろ正当確率が高いのです。


これまでの地震予知の一貫した信念は、「東海沖」に地震が起きるとする考えです。「南海トラフ」が危険だというのです。私に記憶のある限り、日本の地震予知は一度たりとも当たったことはありません。東海沖に地震が起きると繰り返しアナウンスしたことにより、静岡県や関東地方では地震対策が繰り返し行われましたが、それ以外の地区は安全とされて地震対策はあまり行われませんでした。現実には、1995年に地震確率0%の阪神地区に大震災が起こり、当時の村山首相の無関心とそれまでの対策不足もあって5千人の人が亡くなりました。その後も想定外の新潟・中越地方で地震が起こり、大きな被害を与えました。その次は、東日本大震災でした。2万人の人が津波にさらわれて命を落としました。今回の熊本の地震もまた予知されていない地域での地震でした。熊本ではとくに短期間の予知までも間違いました。本震前の揺れを本震だと考えて、その後に来るのは余震であると発表しました。そのために避難先から家に戻って翌日の本震で命を落とされた方が大勢おられました。


地震の予測は人の死の予測と同じです。私は自分の母がいつどんな病で死ぬかなど、予知できませんでした。たった数ヶ月前ですら、まさか彼女がそんなに急に死ぬとは思いませんでした。日常に世話になっていたお医者さんですら、全く予知しておられませんでした。早くに亡くなった父の場合も同様でした。人と同様に、地球もまた生きています。その地球のどこでいつ地震が発生するかは、人がいつどこでくしゃみをするか予知するようなものだと思います。人が地震という自然現象を予知できると思うなら、それは人の思い上がりです。自然とは強い相互作用の複雑系であり、人間如きには計り知れない難しさ、深さ、怖さ、尊さを持っています。その自然を予知できる人がいるとしたら、その人はかつては魔術師として神のごとくあがめらたものです。その多くはインチキでした。予知連の科学者や役所の方々も、自然に謙虚であるべきです。自然の前では人はちっぽけな存在です。横浜に30年以内に85%の確率で地震が起きるという人たちにアインシュタインの言葉を伝えたい。「神様はサイコロは振らない」です。神の行いを確率で予測することは神への冒涜であり、そして科学に対する奢りです。


私は地震に対して無策になれと言っているのではありません。むしろ、地震はどこにでもいつでも起こりうると考えて、東海沖だけに注意を向けるべきではないと言っているのです。明日にも自分の町に地震が起こると考えれば、数十年後に完成する堤防や耐震改修などは全くの手遅れだと分かることでしょう。十年後ではなく明日に地震が発生しても生き延びる避難対策を考えるべきです。地震予知に金をかけるよりも、建物が倒れても人が死ぬことなく脱出できる技術を開発するように発想を切り替えるべきだと思います。国は30年、百年、千年先に訪れる地震に対する対策にお金を使うのではなく、予想外の突然の地震から生き残るための対策にお金を使うべきだろうと思います。


東海沖にのみ関心を向けさせるのと同様、活断層に関心を集めさせるのも良くないと思います。地震が起きたら、そこは活断層があったと専門家たちが騒ぎます。しかし、事前にこの活断層に地震が起きますと予測して、地震が起こったことはありません。日本はどこもかしこも活断層なんです。活断層があろうがなかろうが、地震は起こってます。原発が活断層の上にあろうがなかろうが、原発には地震に対する安全対策は必要です。福島の原発の事故は津波がもたらした事故であり、活断層の上ではありませんでした。


大事なことは予測することではなく、解決することです。病気を仮に予知できても治す方法がなければ意味がありません。予知より治療方法の開発が大切だと思います。いつ地震が起きてもいつ家が壊れても、人が死なない家を開発することが大切だと思います。壊れない家を作るのではなく、人が死なない家です。いつ地震が起こってもそして仮に壊れても、放射能が漏れない原発を開発することにお金をかけることが大切だと思います。


Copyright © 2016 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<