河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。

現在、阪大特別教授、理研チームリーダー、(社)応用物理学会会長、ナノフォトン(株)代表取締役会長、など。

2002-2012 理研主任研究員、2007-08 (社)日本分光学会会長、2000-2009年、Optics Communications (Amsterdam) 編集長、など

江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など受賞。

レーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業。「阪大フロンティア研究機構」の初代機構長。平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長、など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は27冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。阪大・理研での面談は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2015年11月29日 MRS Boston, Massachusetts 
2015年10月14日 ISOT 2015 Neuchatel, Switzerland 
2015年9月29日 TERS 5 ?大阪大学中之島センター 
2015年9月12日 応物学会秋季講演会 名古屋国際会議場 
2015年8月9日 SPIE Optics + Photonics 2015 San Diego Convention Center 
2015年7月26日 Optofluidics Howard Civil Service International House Taipei 
2015年7月13日 2015 OSK Annual Summer Meeting Gyeongju, Korea 
2015年6月28日 ICMAT Suntec Singapore 
2015年6月17日 EM-NANO 2015 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 
2015年5月13日 ナノファンクショナルマテリアルシンポジウム 岡山大学 津島キャンパス 
2015年5月6日 中国光学工程学会 AOPC2015 北京 
2015年4月23日 Scientific Advisory Board Meeting in Erlangen / Max Planck Institute for the Science of Light Hotel Bayerischer Hof 
2015年4月5日 国産顕微鏡100年展 国立科学博物館 
2015年3月20日 理研 光量子工学研究領域 TL特別講演会 理研 和光本所 研究交流棟W319 
2015年3月11日 応用物理学会 春季講演会 東海大学 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ

月日タイトル
2015年02月 受験と就活には競争はない。入札も然り、、、。 
2015年01月 昔は雪が降っても雨が降っても電車は走ってた、、、。 
2014年12月 長い休み 
2014年11月 中小企業は素敵! 
2014年10月 なんじゃらほい 
2014年08月 インフェルノ 
2014年07月 「タブー」と「KY」:続編 
2014年06月 「タブー」と「KY」 
2014年05月 大阪大空襲 
2014年04月 The Power of Silence 
河田聡の今月のメッセージ」ページから 10 件のアイテムを月日順に表示しています。 もっと見る »



入学・就職記念・今月のメッセージ NEW

受験と就活には競争はない。入札も然り、、、。


意外なタイトルかもしれませんが、この通りだと思います。


日本の国立大学には、実は格差はありません。どの大学に行っても、授業料は同じです。そこで働く教授達の給料も、どこの大学で勤めても国立ならほぼ同じ給料です。年齢によってだけ異なります。講義の数も教室の大きさもクラスの学生数も同じです。全てが厳密に国の規則で決まっていますから、格差はありません。もちろん、東京の大学で学ぶのと地方の大学で学ぶのとでは生活費は異なりますし、文化水準や自然の多さなども違います。でもそれは地域格差であって、大学間の教育格差ではありません。日本ではどこの大学に行っても、同じ教育が受けられるようになっているのです。国立大学間に競争などないのです。


しかし、競争がなくては人は退屈します。それが人の性です。仲のいい子供たちもゲームやスポーツや勉強で互いに競い合います。遊び道具が今ほどなかった昔でも、鬼ごっこやドッジボールや缶蹴りで競い合いました。小学校の教室にはトランプやゲームがなかったので、社会の授業で使う地図帳を持ち出して知らない世界の国や町の名前を当てっこしました。


先に述べたように大学間の授業内容に教育格差がなくても、競争好きの高校生たちはどの大学に合格するかの受験競争をします。無理にでも大学間にランキングをつけて、どこの大学に合格するかを競います。中身に違いがないなら、都会か地方、古いか新しいか、大きい大学か小さい大学かなど、学習内容と関係のないことを基準にランクをつけます。地方で勉強したい、新しい大学に行きたい、小さな大学で学びたいと思っても、成績がいいとその逆の大学に行くことを勧められます。個人の選択の自由が奪われた気分です。本来の自由主義国家だと自分の人生をもっと自由に考えて選べるはずですが、全てが画一化された社会主義国家では意味のないことに序列がつきます。


意味のない序列には、本当の意味の競争など存在しません。


国はCOEプログラムをいろいろ作って、大学間に競争をさせようとします。しかしCOE競争が終わると、大学の先生達はCOEによって実力は付かなかったことに気付きます。受験に勝ち抜くために中学高校で必死に英語を勉強しても、ほとんど英語力が身につかないのと同じです。もともと違いのない大学間での受験戦争とCOE競争は、英語を話せない卒業生と優れた教育をできない先生を増やします。


それぞれの大学に個性を認める自由な教育システムになって欲しいと願います。本来の競争とは自由社会にしか存在しないのです。格差を認めない日本社会では、これはなかなか難しそうです。イギリスのオクスフォードやアメリカのイサカ(コーネル大学)のように、個性ある人気大学は田舎の地方都市に育てばいいのにと思います。意味のない受験序列とCOE政策では、それは夢の夢でしょうか。


マスコミも政治家も地方の時代とか地方分権を訴えているように見えますが、おそらく役所はそう考えていないでしょう。新幹線計画を見ても分かります。地方分権というなら、なぜ北陸新幹線もリニア新幹線も北海道新幹線も東京から始まるのでしょうか。東京に住む人たちのために便利だからでしょうか。リニア新幹線は大阪から名古屋までを先に開通させるといいと思います。かつて高速道路建設は、東名の前に名神から始まりました。新幹線は東海道の次は山陽新幹線でした。北陸新幹線は東京へ行かずに大阪から新潟、秋田へ、北海道新幹線は札幌から函館・青森を先に始めれば、一極集中することなく日本は昔の多極化に戻れるはずです。今の地方衰退化は、役所の中央集権化政策の結果ではないでしょうか。昔は帝国大学や旧制高校を東京に集中させることなく、全国に展開しました。しかし今はCOEによる地方大学いじめが行われています。そこには公正な競争はありません。


話が大きくそれました。


受験に加えてもう一つの日本の若者の競争イベントは、就職活動です。就活にも私は競争があるとは思いません。どの会社に入っても同じ業界では初任給はほぼ同じです。どこの大学を出ても初任給は全く変わりません。競争などないのです。大学入試と同じです。それでも人は競争する生き物ですから、意味のない競争が生まれます。


就職活動解禁や内定解禁日は、全国一斉です。大学入試と同じです。もし給料が大きく違えば、すなわちそれが企業間の本当の競争ですが、他社よりも一刻も早く内定を出しても優秀な人材を得られるとは限りません。慌てて採用試験をして内定を出さなくても、後からゆっくり試験をして、安い給料の会社に内定をもらった学生を奪い取ることができます。外資系は協定に参加していないのでルールを守らず学生を青田買いしてけしからん、という批判を良く聞きます。それならもっと給料を高くして、外資系に先に内定した学生に後から内定を出して奪い取ればいいと思います。競争とは早いもの順ではありません。


日本の入試と就活には、本当の意味の競争などないのです。意味のないランキングに皆が振り回されているだけです。


話はさらにそれますが、大学を含めて官公庁が行う事業は一般に、「競争入札」の制度がとられます。官公庁からの発注は事前に広く一般に公開しておいて、それに対して複数の企業が応募をします。そして、応札する企業のなかで一番安い金額を提示した企業が入札に勝利します。一見、競争をしているように見えます。しかしここには、応札する企業は互いに全く違いのない全く同じ商品やサービスを提供する、という前提があります。互いの違いがない?それでは競争とは言わないでしょう。そこで、ひたすら一番安い金額を提示した会社が入札できるというわけです。これでは商品やサービスの内容の競争になっていません。価格だけの競争となると、互いに価格を下げて潰し合いとなり応札企業には儲けがなくます。そこで、談合が生まれます。談合とは間違った競争に対する防衛策であり、必要悪といえるかもしれません。性能が悪くても安い商品、性能は高いが価格の高い製品、それらを互いに提示して争うことによって本来の競争が生まれるはずです。その結果は随意契約となることでしょう。官公庁の公共事業の入札制度はそんな自由競争が認められない仕組みになっています。


どんどん話が外れていきます。昨今の大学の人事は、完全公募制が取られます。これにも、本当の意味での競争はありません。大学間の本当の人事競争とは、人の取り合いです。しかし、どこの大学でも給料は年齢だけで決まるので大学受験と同じような大学ランキングで人事が進んでしまうのです。


格差・競争のない社会では、見せかけだけの意味のない競争が生まれます。独立行政法人化は、国の機関に民間の会計制度を導入するのだと謳っていました。私は独法化によって社会は多様化し本当の競争が生まれると期待しましたが、残念ながら期待外れでした[河田聡、「独法化の失敗」科学 (岩波書店) 2010年1月号]


いまモロッコのラバトのホテルにいます。この戯言はそこで書いています。私の研究室の元の助教授がいまラバト大学の教授をしており、彼と一緒に日本・モロッコのナノフォトニクスのシンポジウムを開催中です。モロッコには日本人より豊かで日本人より有能で日本人より国際的な人たちが大勢います。もちろん、日本よりもずっとずっと貧しい人たちもいます。自分勝手やわがままな人、ずるい人も大勢います。格差社会です。私は世界中で日本ほど均質で競争のない社会はないと思います。そのことは日本に安全と安定をもたらしています。そこから、先月の若者気質のメッセージに繋がります。しかし一方、私は日本の人たちが意味のないことに競争していることに虚しさを感じています。世界中の実態のある競争から孤立して、日本独特の意味のない国内競争に明け暮れる日本が、世界に貢献できる若者を育てていけるのかどうか、役所の人たちにも是非考えて欲しいと思います。


Copyright © 2015 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<


先月・お正月のメッセージ 

昔は雪が降っても雨が降っても電車は走ってた、、、。


正月の新聞記事に、世界の若者の意識調査の比較の記事が載りました。若者とは未来に向けて大きな期待と不安を持つものですが、世界中で日本の若者だけが全ての項目で他国の若者より将来不安が強いという結果が数字に表れていました。世界中で最も平和で安全で豊かなこの国の若者がなぜ他の国よりも将来に不安を持っているのか、海外の人たちには理解できないでしょう。おそらく今の日本の若者には将来の選択肢が多くありすぎて(すなわち恵まれていて)、その中からどれを選んだら一番得な選択になるのか分からないから、不安になるのだろうと思います。将来に一番得をする道を選ばなかったときに、未来において反省することに対する不安です。

親父に「おれの後を継いで、うちの商売をやってくれ」と言われたもののそれが嫌で悩むのでもなく、大学院に進学したいのに授業料が払えなくて諦めざるを得なくて悩むのでもないのです。むしろ未来の選択肢が多すぎて悩むのだろうと思います。選択することが不安なんでしょうか。贅沢な悩みです。若者人口は、私の時代と比べてなんと半分に減っています。だから若者の仕事はたくさんあるはずです。それなのに悩むのは、いま将来を決めてしまわなければいけないという気持ち、焦りから来るのかもしれません。私は、しばらくフリーターになって将来をいま決めないという選択も良いと思います。

「科新塾」や「科学社会論」の授業で私は、学生・塾生に少なくとも3つの夢を持つことを勧めています。一つだけの夢(将来)を決めることは難しくても、3つの夢を持てるとなると少し余裕ができると思うのです。実際に私は常に複数の夢を持って生きてきました。そしてどれかの夢が実現するチャンスが訪れたときに、挑戦してきました。たとえば起業してみたいと学生の時から思っていましたが、実際に会社を興したのは50歳を過ぎてからのことです。未だ実現していない夢もたくさん残っていますが、これからの楽しみです。

将来不安は最近の若者特有ではなく、広く最近の日本人文化だと思います。日本人全体が、将来不安に悩んでいます。そしてそれはとても贅沢な不安です。その典型的な例は、このエッセーの題名にも見られます。天気予報が「明日に大雪の恐れ」というと、最近の航空会社はいち早く翌日の午後の飛行機の欠航までを決めてします。未だ全く雪が降っていないのに、です。そしてだいたい、翌日は晴れるか降ってもたいしたことないという結果になります。「台風上陸の恐れ」という天気予報だけで、最近は翌日の電車の運休が決まります。「過去に経験のない」という言葉がやたら使われますが、過去に経験のないほど当たりません。

当日になって、運行するか欠航するかを1便ずつ判断するのはとても面倒なんでしょうね。乗客がカウンターに何度も尋ねてくるでしょうし、ダイヤは乱れて空港の駅も発着を待つ乗客で大混乱でしょう。それなら、早々に翌日の運行を諦めてしまった方が楽です。「休み」になれば、楽しい。「混乱」と「休み」は大違いです。

でも、それでは公共交通機関としてビジネスになりません。飛行機を飛ばさなければ、収入が得られません。電車を走らさなければ、赤字です。乗客だって休めば楽ですが、それでは仕事になりません。動いている交通機関を探して、時間を掛けて遠回りをしてでも必死に目的地へと向かいます。翌日の運行業務を早々に取りやめることを決めることは、公共交通機関として無責任極まりないと思います。昨年は、夕方4時以降の全便運休を決めたこともありました。確かに運行しなれば、事故はなく遅延もありません。責任を問われることはなく、運行ダイヤの工夫もしなくて済むでしょう。

しかし、乗客は観光客だけではないのです。家族・親戚・友人が病気になりあるいは危篤になりどうしても移動が必要な人、とっても重要な会議や緊急の仕事を持つ人、台風だからこそ突然移動が必要となる人、そのほか様々な事情で移動が必要となる人たちに対して、公共機関を任される企業は安全に十分注意をしつつも輸送をするための最大限の努力をするべきだと思います。鉄道会社で運休をいち早く決めるのは、いつもJRです。昨年も東京で私鉄は一社も運行取りやめない中、JR東日本だけが雨・雪の可能性を理由に翌日の運休を決定したことが複数回ありました。どちらも大した雨・雪にはなりませんでした。一昨年9月の京都地区への豪雨の時は、JR西日本だけが運行を取りやめました。当日は京田辺で応用物理学会が開催中でしたが、大阪に宿泊している人たちは学研都市線の途中までの折り返し運転となったため、会場に行けませんでした。近鉄など他の私鉄は乗り換えサービスを続けました。思わず、かつての国鉄や日本航空の年中行事のストライキを思い出しました。

たくさんの選択肢を持って生きることを将来不安と思うのではなく、人生の楽しみだと考えられないでしょうか。早くに答えを一つに決めることは楽かもしれませんが、多くの可能性を潰してしまうことになるかもしれません。

Copyright © 2015 河田 聡 All rights reserved.