河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。現在、阪大教授、理研名誉研究員、ナノフォトン株式会社代表取締役会長

理化学研究所主任研究員(2002-12)、同チームリーダー2010-15)、日本分光学会会長(2007-08)応用物理学会会長(2014-16)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任。大阪大学では1993年から教授(応用物理学専攻、生命機能研究科、情報科学研究科教授などを歴任)、特別教授。阪大にフロンティア研究機構やフォトニクスセンターを創設。

紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は33冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成、2015年に改定。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。東京お茶の水と大阪中之島で開催する科新塾と平成洪庵の会にも現れます。阪大・理研での面談希望は、office.kawata@gmail.comにご連絡下さい。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2017年8月21日 ICO-24 京王プラザホテル 
2017年8月6日 SPIE Optics+ Photonics 2016 San Diego Convention Center, San Diego, CA, US 
2017年7月25日 META 2017 Incheon, South Korea 
2017年4月23日 AOM 2017 2017/04/23, Nanjing, China 
2017年3月17日 公開シンポジウム「いま問われる研究業績評価:応用物理と未来社会」 パシフィコ横浜 
2017年3月8日 「光の日」合同シンポジウム 筑波大学東京校舎(茗荷谷) 
2017年3月4日 平成洪庵の会・最終回 阪大中之島センター 
2017年2月26日 SPIE Advanced Lithography Symposium San Jose Marriott and San Jose Convention Center 
2017年2月8日 最終講義 銀杏会館 阪急電鉄・三和銀行ホール 
2017年1月26日 PARC最終年度シンポジウム 大手町サンケイプラザ 
2017年1月17日 新学術領域 第1回公開シンポジウム 千葉大学 
2017年1月12日 応物ゼミ 大阪大学 
2016年12月17日 科新塾御茶ノ水 日本大学 
2016年12月7日 NANOP 2016 University Pierre and Marie Curie, PARIS 
2016年12月4日 Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium Awaji Yumebutai International Conference Center 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ

月日タイトル
2017年01月 Art 
2016年12月 人工知能 
2016年11月 The Time, They are a-Chaingin' 
2016年10月 評価者を評価するのは誰? 
2016年09月 多機能より単能 
2016年08月 強父論 
2016年07月 UKのEU離脱という決断 
2016年06月 東海沖、南海トラフ、活断層 
2016年05月 競争とゆとり 
2016年04月 筍を抜かないで! 
河田聡の今月のメッセージ」ページから 10 件のアイテムを月日順に表示しています。 もっと見る »



お正月のメッセージ NEW


Artの時代

年末の続きです。近い将来、職業としての多くの知的労働はAIとロボットに置き換わることになるでしょう。人々は労働から解放されますが、労働しなければ給料を得ることができません。AIを使いこなせる優秀な人だけがどんどん豊かになり、ほとんどの人は仕事をAIとロボットに奪われて職を失います。その結果、格差社会が到来します。先月、これを解決するひとつの答えは共産党革命だろうと述べました。そして、共産主義社会で生き残れるのは役人の人たちです。公務員の仕事は経済論理に反していてもいいので、役人は職を失わなないのです(夕張市などの例外を除いて)。


さて、戦後、専業主婦の家事労働を家電製品が代わりに受け持つようになってきました。お母さんが洗濯物を洗濯板ごしごし洗っていたのを、いまは電気洗濯機が代わりにやります。ほうきとちり取りを使っての掃除は、掃除機がします。子供たちは、テレビで「お母さんと一緒」を見ます。冷蔵庫のおかげで食材は腐らなくなり、買い物を毎日しなくてよくなりました。自家用車を使えば、たくさんの買い物もできます。専業主婦の家事の時間は減り、お母さんにも社会に出る時間が少しだけ得られるようになりました。家事の時間を他に使えるようになったのです。


このように、産業革命以降、人が行っていた肉体的労働を機械が代わりにやってくれているように、これからは知的労働のかなりの作業をAIが受け持ってくれるようになることでしょう。このことは有り難いことです。AIができることは知的といえど単純作業です。それがさらにビッグになりディープになったとしても、単純作業です。それはAIにまかせて、「ひと」がやる労働はより人間的なものに変わっていくことができるのです。


「ひと」にしかできないこと、あるいはAIにない人間の能力はいくつもありますが、少なくとも二つを思いつきます。一つ目は創造力、Creativityです。Creationは神のテリトリーですが、その神が創ったのが「ひと」です。ロボットやAIは、神が創ったのではありません。AIは過去のビッグデータからディープラーニングして問題を解決しますが、未来を「創る」ことはできません。過去のたくさんのデータから、人々が気に入りそうな曲や小説を書くことはできますが、これまでにない新しい曲やこれまでにない新しい小説を書くことはできません。学習はすれど、未来を創ることはできないのです。過去から現在までの研究論文を解読してもっともらしいテーマを提案することはできるでしょうが、それは過去のデータからしか生まれてきません。本当にクリエイティブな研究は生まれません。白川英樹先生がノーベル賞受賞時に導電性ポリマー研究のいきさつをお話されていますが、研究員が触媒濃度を1000倍間違えた結果(mを見逃した)、予想外の膜が生成されそれに興味を持って研究を進めた結果、導電性ポリマーの発明(発見?)に至ったとのこと。まさにセレンディピティーです。導電性ポリマーを創ろうとしても、1000倍の触媒濃度のデータを持っていないAIからは、この発想は生まれません。失敗とか偶然、こだわりなど、ひとりひとりの「ひと」が個人的な体験に基づいて持つ個性は、コンピュータにはありません。しかし、このような「人間味」のある思考と行動が、科学の発展には必要です。それは科学にとどまることなく、産業界における新ビジネスや新商品開発、政治経済における新システムや新機軸(シュンペーターが言う「イノベーション」の正しい意味です)などにおいても共通です。「ひと」の創造力が必要です。


「ひと」が創るものは「Art」です。Oxford Dictionaryによれば、Artは「the expression or application of human creative skill and imagination」と定義されています。典型的には絵画とか彫刻がArtでしょうが、それらに限られることはありません。Artisticな労働は、これからもロボットやAIではなく「ひと」が受け持つことでしょう。AIは所詮Artificial Intelligence(naturalに対しての人工)であって、naturalな「ひと」によるArtではないのです。


残念ながら、多くの人は必ずしもArtisticなセンスはなく、新しいものを生み出す才能(creativity)に恵まれているとは限りません。芸術家や科学者、起業家になることは、難しいだろうと思います。しかし、少なくとももう一つの「ひと」らしい仕事ができます。それは「ひと」を理解する能力を使う仕事です。「ひと」はそれぞれが異なる個性を持ち、感情的で移り気で時と相手によって対応が変わります。決してデータ通りには動きません。「ひと」はひとにしか理解できないのです。これは人だけではなく、神が創った自然界の動物(犬や猫に限らず、ウイルスも植物も)や気象(天気に限らず、地球温暖化や地震も)も同じです。ヒューマノイドが、「ひと」の心を思い通りにコントロールすることはできません。「ひと」は移り気です。同じことを言っても相手や時によってまるで違った感情を持ちます。同じことをしても、相手によってセクハラになったり恋愛になったり、逆の効果を生みます。もちろんAIに騙されることもあるでしょうが、それはたまたまでしかありません。薬は何度も服用すると、そのうちに効かなくなります。それと同じです。


「ひと」を相手にする仕事の全てがAIに変わることは、これからもないだろうと思います。アマゾンや楽天、セブンイレブンやローソンなどのビジネスではAI化がさらに進むことでしょうが、もっと細やかな「ひと」対「ひと」の営業ビジネスも、ますます重要になることでしょう。そこに新しい商品やサービス・チャンスが生まれてくると思います。


「ひと」を相手にする仕事で最も需要の大きいものは、教育です。異なる人格と異なる才能をもつ子供たちにそれぞれ勉強に興味を持たせて、人間関係やモラルの大切を教えてくれる「先生」の人数がもっともっと多く必要だろうと思います。日本の学校は生徒数に対する先生の数が少なすぎます。しかも、人数が全国で画一的です。個性的で豊かな感性を持ち創造力のある「ひと」を育てるためには、もっと先生が必要だと思います。


産業界では、製造業と商業のかなりの部分がロボットとAIに置き換わります。それに代わって「ひと」を対象にするビジネスが増えるだろうと予測します。たとえば、「ひと」を楽しく幸せにするビジネスです。まさにアートです。欧米の一流大学の多くには芸術学部がありますが、日本のすくなくとも旧帝大には皆無です。Yale、UCLA、私がいたUCIrvineなどなど、音楽、絵画・彫刻、芝居等などの古典とモダンアートに加えて、映画やドラマ、ダンス、デザイン、漫画などのよりポップなアートが教えられています。これからのアート、エンターテイメントは、全員が同じ曲、同じ映画を楽しむのではなく、それぞれが異なる作品を創ります。多様・多彩がArtの本質です。マスプロ教育からマンツーマン教育に転換していくのと同様、巨大なドームで全員でサザンに盛り上がるだけではなく、もっと小さなライブハウスでもっと近くでミュージシャンの音楽を楽しむのです。


AIの時代が来ると、もっと人間らしい楽しい多様・多彩なビジネスが始まるだろうと思います。先月のメッセージの答え、私の今年のお正月の夢です。


Copyright © 2016 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<