河田聡のホームページ


河田聡について詳細はこちら

1951年、大阪府池田市生まれ。大阪教育大学附属高校池田校舎卒。大阪大学応用物理学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。阪大教授・特別教授、理化学研究所主任研究員などを経て、阪大名誉教授、理研名誉研究員

日本分光学会会長(2007-08)応用物理学会会長(2014-16)Optics Communications (Amsterdam) 編集長(2000-09)などを歴任

紫綬褒章(2007)、文部科学大臣表彰(2005)、江崎玲於奈賞(2011)、日本分光学会学術賞(2008)、島津賞(2003)、市村学術賞(1998)、ダビンチ優秀賞(1997, France)、日本IBM科学賞(1996)、など多数を受賞。

2003年にレーザー顕微鏡の製造会社ナノフォトン(株)を創業平成洪庵の会世話人。科学者維新塾お茶の水中之島)塾長など。現在、(有)セレンディップ研究所・所長(非常勤)。

「Nature」、「Science」などに論文発表。成果は「ギネスブック」、アメリカの中学2年の数学の教科書などに掲載される。著書編著は33冊。2008年に「一家に1枚光マップ」文部科学省・科学技術週間)を作成、2015年に改定。

研究分野は、分光学・光学、ナノテクノロジー・ナノサイエンス、バイオフォトニクス。特に、近接場分光学・ナノフォトニクス、プラズモニクス、3次元2光子光加工。かつては信号回復論、近赤外分光、共焦点顕微鏡、光記録、放射圧制御など。


阪大でこれまで、応用光学、光エレクトロニクス、科学計測学、計測制御工学、ナノ光計測学、科学社会論などの講義。2011年まで学習院大学物理学科で10年、非常勤講師。三鷹第4小学校、荒川第3中学校、川越高校、長岡高校、丸亀高校、観音寺一高、松山西中等学校などでも授業。教科書は「超解像の光学」「近赤外分光法」「科学計測のためのデータ処理入門」「Near FIeld Optics and Surface Plasmon Polariton」「論文・プレゼンの科学」など。

出没場所
毎週火曜日の10:30amからの阪大フォトニクスセンターのTMT(Tuesday Morning Tea)に現れます。場所はフォトニクスセンター1階ギャラリー(P3-105)。その他は、毎月土曜の午後に開かれる、お茶の水の科新塾と中之島の科新塾、にも参加。東京お茶の水と大阪中之島で開催する科新塾と平成洪庵の会にも現れます。

講演情報詳細はこちら

講演会情報

日付講演会講演場所・講演時間
2017年10月8日 SciX2017 Reno, NV, US 
2017年9月19日 Celebration of Nano-Optics MPL, Erlangen, Germany 
2017年8月21日 ICO-24 京王プラザホテル 
2017年8月6日 SPIE Optics+ Photonics 2016 San Diego Convention Center, San Diego, CA, US 
2017年7月25日 META 2017 Incheon, South Korea 
2017年7月16日 Light Conference 2017 Changchun, China 
2017年5月25日 中谷RIESオリエンテーション特別講義 讃岐クラブ 
2017年4月23日 AOM 2017 2017/04/23, Nanjing, China 
2017年4月22日 科新塾お茶の水 日本大学 
2017年4月17日 東京大学生産技術研究所光電子融合研究センター 公開シンポジウム~光電子融合と先端材料~ 東京大学駒場リサーチキャンパス 
2017年3月21日 Max Planck Scientific Advisory Board Meeting MPL Erlangen, Germany 
2017年3月17日 公開シンポジウム「いま問われる研究業績評価:応用物理と未来社会」 パシフィコ横浜 
2017年3月14日 The Photonics Institute Scientific Advisory Board Meeting TPI NTU, Singapore 
2017年3月8日 「光の日」合同シンポジウム 筑波大学東京校舎(茗荷谷) 
2017年3月4日 平成洪庵の会・最終回 阪大中之島センター 
今年の講演」ページから 15 件のアイテムを日付順に表示しています。 もっと見る »

今月のメッセージ・バックナンバー詳細はこちら

今月のメッセージ

月日タイトル
2017年03月 定年退職、もったいない? 
2017年02月 鉄道博物館 
2017年01月 Artの時代 
2016年12月 人工知能 
2016年11月 The Time, They are a-Chaingin' 
2016年10月 評価者を評価するのは誰? 
2016年09月 多機能より単能 
2016年08月 強父論 
2016年07月 UKのEU離脱という決断 
2016年06月 東海沖、南海トラフ、活断層 
河田聡の今月のメッセージ」ページから 10 件のアイテムを月日順に表示しています。 もっと見る »



最終回のメッセージNEW


定年退職、もったいない?


皆がもったいないと言ってくれます。私が定年退職することに対してです。確かに大学にとっては私を退職させることはもったいないように思います。私の研究プロジェクトからオーバーヘッドチャージが得られなくなります。アメリカでは年齢によって社員や教授を解雇することは年齢差別であって違法です。多くの先進国においては定年について様々な工夫があり、例外なき定年退職はありません。必要とされる教授たちは年齢によって退職させられることはなく、大学での研究教育を続けます。私の所属する学部は例外を認めないので、年齢でもってクビです。


愉快じゃない!?


いや、実はとても愉快です。私は長くこの日を待ち望んでいました。一律に例外なくという共産主義的押しつけは甚だ気に入りませんが、私自身にとっては退職することはとても楽しいことです。退職してはじめて自由な時間が持てます。その時間は貴重なものです。「先生ならまだまだもっと仕事ができるのに、もったいない」と言われる人が多いのですが、自由を得ることがもったいないことだとは思いません。今までできなかった新しいことができることがもったいないとは思いません。むしろ、同じことを繰り返す方がもったいないと思ってしまいます。


およそ人生は、もったいないかもったいなくないかで測るものではありません。給料や地位や名誉のために生きるのでもありません。自由に生きられれば一番幸せで豊かな人生だろうと思います。食べられないから働くのは当然ですが、もったいないから働くという発想からは解き放されたいと思います。


というわけで、


4月から無職になることになりました。少し休息をとった後、今までできなかったことを何かやってみたいと思っています。下手すればそれが故にまた忙しくなるかもしれませんが、これまでの繰り返しでは無いと思います。ただし14年前に起業した会社の取締役会長と、新たに創った研究会社の研究員は続けます(ともに非常勤)。これまで私は、自分の退職後について問われて、色んなプランを発言しています。退職したらプロゴルファーになる、ジャズピアニストになる、最近では寿司屋の板前になる、石橋に本屋と寄席とジャズ喫茶を開きたい、さらに退職直前の1,2ヶ月は建築家になりたいとかコンピュータグラフィックスを駆使したデザイナーになりたいとかも言いました。最終講義では「朝は3時に起きて、平日の昼から酒を飲んで、日が暮れると寝ます。皆さんにはできないでしょう」と憎まれ口をたたきました。本当は、何も決めていません。決めないということをしばらく楽しみます。先に述べたことのうちのどれかをしているようにも思いますが、それ以外かもしれません。一度の人生、これまでと異なることも楽しみたいと思います。


5年前に理研を定年退職し、2年前に阪大のフォトニクスセンター長も退職し、今月で阪大教授を退職して、応物学会もあと一年、OSAも昨年末で役割を終えました。様々な財団の審査委員もこれを機会に降りたいと交渉しています。たくさんの学会に所属していましたが、それらも徐々に退会します。12年間続けた平成洪庵の会も3月に卒業式をしました。唯一、科新塾だけはまだ達成感に至らないので、お茶の水も中之島も続けたいと思います。それぞれの組織で昨年の12月頃からさまざまなサプライズの退官記念会を開いていただき、たくさんの花束を戴きました。私がまだ定年を自覚していないだろうと皆さんに思われているようです。申し訳ない限りです。


ものごとを始める勇気と辞める勇気、どちらも大切です。しかし辞めることの方がより難しいだろうと思います。これまでの惰性を断ち切らないといけないのです。だからこそ、定年退職制度は悪くないと私は思います。人によって退職の歳に違いがあっていいと思いますが。一方、継続するのに必要なことは勇気ではなく努力です。阪大に戻ってきて教員になって37年、研究室を主宰して25年、継続は努力でした。しかし25年も続けると、続けることが楽になります。努力よりも惰性が勝ってしまいます。太平洋戦争をやめることができなかった日本を思えば分かるでしょう。鎖国を終えることも大変でした。司馬遼太郎さんのテーマですよね(「この国のかたち」シリーズ)。


一つのことを辞めて、はじめて新しい一つが始まります。たくさんのことを辞めると、たくさんの新しいことを始めることができます。あるいは大きな一つかもしれません。それが何かは分かりません。このままのんびりするかもしれないし、何かオファーを戴いてまた働き始めるかもしれません。未来は確定していないから楽しいのです。


今月のメッセージは驚くことに15年間、毎月書き続けました。ブログ文化が始まる前からです。始めた理由は、研究室の仲間と直接話す(だべる)機会が減ったからです。彼らに私が日頃考えていることを「今月のメッセージ」として伝えようと考えました。当時は、阪大のフロンティア研究機構長になり、理研も兼務し、阪大では情報科学研究科に研究室を立ち上げ、さらに研究室から独立した中村収君が亡くなりその研究室も預かることになり、皆と話す時間が突然に極端になくなりました。15年間、書き続けることは、考え続けることに繋がりました。継続は力です。


そして、退職するのと一緒に毎月のメッセージも今回で一度お休みとします。時々ブログのような形で書き込むかもしれませんし、これ切りかもしれません。いつも読んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。


Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.        --Steve Jobs


Copyright © 2017 河田 聡 All rights reserved.



-----------
先月のメッセージ 鉄道博物館

海外から東京や大阪に来た知人たちがまず最初に驚くことは、たくさんの電鉄会社や地下鉄があることです。ロンドンでもパリでもニューヨークでもシドニーでもソウルでも北京でも、世界中の都会はだいたい鉄道会社は一社だけです。地下鉄も一社です。ところが、日本はそうではありません。東京には地下鉄が2社あり、私鉄の数は外国人にとってはまさに無数です。京急、小田急、東急、京王、京成、東武、西武、それ以外にJR、総鉄道
東葉高速鉄道、埼玉高速鉄道、東京モノレールなどなど、、、
井の頭線って東急か小田急か京王なのか分からない。各社の路線が
複雑に交差して相互乗り入れしていて、外国人には大混乱です。
大阪でも阪急、阪神、京阪、近鉄、南海、それ以外に
JR、神戸電鉄、山陽電鉄、
北神急行、
能勢電、京福嵐電、叡電などなど、、。
新大阪から千里中央までは、
地下鉄
御堂筋線で
15分
。もちろん
乗り換えなしです。ところが新大阪で切符を買うためには、
「北大阪急行」のボタンを押さなければなりません。江坂以北は地下鉄ではなくて北大阪急行だからです。
そんなこと地元民しか分からない。
直通なのになんで途中で会社が変わるの?
天下茶屋から北千里までも乗り換えなしの直通ですが、途中で地下鉄堺筋線から阪急電車に変わります。難波から泉北ニュータウンも直通ですが、南海電車から別の鉄道会社に変わります。切符の買い方が難しいし、
相互乗り入れすると料金は高くなります
。iPhoneを使えば切符を買わなくていいはずですが、海外のiPhoneの
Apple payは日本では使えません。
日本のApple Pay
Suica
は、日本だけでしか使え
ないからです。

大阪から仙台に新幹線で行くためには、東京駅で一度JR東海の出口を出てJR東日本の新幹線改札口からもう一度入らなければなりません。切符は別だし、予約も別です。新幹線会社が複数あるなんて、海外から来た人は知る由もありません。JR東日本の
改札口から
iPhone7の
ApplePay(
Suica
)で入構したら、東海道新幹線の改札口は通れません。JR東海は
Suica
ApplePay
)に対応しないのです。
JR東日本が東海道新幹線を運行すれば、こんな不便ことは起きないはず。利用者は、JR東海など無ければいいのにと思ってしまいます。

熱海や
伊東では、JRは「東日本」ですがNTTは「西日本」です。高速道路は通っていませんが、もし造られたなら「中日本」高速道路会社でしょう。おかしいでしょう。

私の住む街では、コミュニティーバスが走っています。市の境を越えずに市内だけを走ります。市民は市内に閉じて生きている訳ではなく、市を越えて生活をしています。私の住む街の人たちは、隣の市にある阪大病院や阪大キャンパス、北千里駅、茨木駅などへと通勤・通学し、通院します。自治体の縦割り行政は、市を越えて活動する市民にとって迷惑です。銀行も製造業も合併に次ぐ合併で生き残りを掛けていますが、行政や公共事業は全く別の文化の中にあるようです。

大政奉還して明治に
廃藩置県が行われましたが、それは急場しのぎのいい加減な再編でした。
そのあと多少の修正がなされましたが、それでも実際の
住民の
生活圏や文化圏に対応していない地域が多くあります。その後の150年、急場しのぎの
廃藩置県の縦割りは改善されていません。たとえば、理研のある埼玉県の和光市と東京都の板橋区・練馬区は元々武蔵の国であり、
同じ生活文化圏です。東武東上線は二つの地域を通りますが、都営地下鉄は西高島平と光が丘で行き止まり、東京都と埼玉県を分断しています。関西では
丹波の国は京都府と大阪府と兵庫県に分断されましたが、同じ丹波の国の生活文化圏です。尼崎や宝塚は兵庫県ですが大阪北部と一体です。元々同じ摂津国なのです。今は阪急電車圏です。
伊豆の国と駿河国と遠江の国を静岡県として一つにまとめても、市民生活ではそれぞれ別です。伊豆の国はむしろ相模に近く、遠江はむしろ三河に近い。福井県は越前と若狭を一つにしましたが、若狭は近畿圏です。廃藩置県による地域再編はその後の150年の
間、思考停止したままです。都道府県をベースにした道州制ではさらに不便を広げることでしょう。

パレスチナ半島、クリミア半島、南シナ海、かつては東西ドイツ、バルト海3国などなど、世界では切っても切れない文化圏が常に争いと話し合いのメインテーマとして存在してきました。

日本の都会では、まるで鉄道博物館にいるかのようです。たくさんの種類の色と形をした電車を見て楽しむことができます。多くの鉄道会社があることによる高コストと旅行者への不便は、複数の文化圏を持つことの代償なのかもしれません

Copyright © 2017 河田 聡 All rights reserved.

<前月のメッセージ<