2006年6月のメッセージ

被害者はどこに?

ムラカミさんが逮捕されました。ムラカミ氏に詳しく彼の本も書いたとか言う経済ジャーナリストが突然マスコミに現れて、本人のいないところで様々な悪口を言っています(彼のお陰で、本が売れてテレビ出演料も貰って万々歳ですよね)。でも、私にはどうしてもよく分からないのです。彼の犯罪(まだ容疑ですが)による被害者とは、いったい誰なのかが。被害者は、阪神電車ではないようです。上場している阪神電車の株を、彼がたくさん買っていけないということはないでしょう。鉄道は公共の乗り物だから、株式市場でその株を買い占めたのはけしからんという人がいますが、もしそうなら阪神電車は市場に上場するべきではなかったはずです。上場された会社の株は、外国人でも個人株主でもライバルの阪急電車でも、誰でも買うことができるはずです。JR東海の株もですよ!。国営ではなく株式会社であり、上場して資本を市場から集めているのですから、だれでも株主、オーナーになれるはずです。村上さんが阪神に電車を走らさないようにしたり、阪神タイガースに野球を止めさせたのならともかく(もともと株主には、そんなことはできませんが)、株をたくさん買って株主提案をしようとしたことで非難されたり虐められるべきではないと思います。その意味で、これまで野球チームのシニアマネージャーとかいう人も、会社の御用監督であることがばれてしまいました。フジテレビやTBSだって、同じです。公共の電波だから株を買い占められるのが嫌なら、株式を市場に上場しなければいいでしょう。朝日新聞や日経、読売などの新聞社は、公正を保つためになのか株式市場に上場をしていません。もっとも上場しなくとも、株主は存在していますが。

さて、話を戻して、今回の犯罪(?)の被害者は一体誰なのか、私にはよく分からないのです。被害者がいないのに、村上さんが逮捕されることはないはずです。一般投資家が損をしたからだと、東京地検の人がテレビで発言していました。村上ファンドが株価をつり上げて、大儲けした一般投資家はたくさんおられると思います。村上ファンドが入って、怠慢だった会社経営が厳しく監視され、会社の売上げが増え、配当金が増えて喜んだ一般投資家も大勢おられると思います。株の売買をする人とは、働かずして株価の変動で金儲けを期待する人たちですから、お金に余裕がある人たちや大企業がほとんどでしょう。証券会社はその手数料で儲けています。そんな中に仮に損をしたという被害者がいたとしても、それは自業自得のような気がします。誰も無理に株を買わされたのではないのです。誰かから地検に告発があったのかどうかも、よく分かりません。

株はマネーゲームだと思います。ホリエモンやムラカミさんがマネーゲームをするのはけしからんという人は、株取引に参加しなければいいと思います。証券マンは「今度A社が新製品を出すので株価が上がりますよ」と怪しげなせりふで日常活動をして、それを信じて庶民は株を買い、儲けたり騙されたりします。生活費を注ぎ込んで株を買って見通しを誤って大損をしても、それは自己責任であり、文句を言っていく先はないでしょう。もっとも、今回はそんな人はいないと思います。会社の株価が上がると資産価値は増えますし、通信と放送の融合や阪神阪急の合併など、サラリーマン社長や取締役会ではとても決断できないような英断を、株主提案によって実現できたのです。短期間に売買してはいけないとコメントする評論家もいますが、この人達は株式市場が毎日開いていることすら知らないのだろうかと、耳を疑ってしまいました。

被害者は誰なのか、私には分かりません。犯罪とは必ず加害者がいて、そして被害者がいるはずです。ストーカーに追い回される被害者からの何度もの訴えに対して警察が積極的に対応せず、被害者が殺されるまで犯罪として取り扱わないケースを、私たちは幾度も見せつけられています。被害者がいて、犯罪が成立すると思うのです。法に触れる、社会的モラルに欠けるという理由で被害者のいない犯罪を仕立てて、市民を逮捕するのは全体主義国家の国家検察が行うことであり、戦時中の憲兵隊を想起させます。戦時中には、人に迷惑を掛けたわけでもないのに非国民と呼ばれて憲兵隊に連行された人がたくさんいましたました。容疑者が犯罪を認めるまでは、何時間でも何週間でも何ヶ月でも身柄を拘束し、精神状態を不安にさせ自白するまで待つという今の国家権力(検察)のやり方には、一市民として私は恐怖を覚えます。国(検察)がリークする情報をまるで事実かの如くに流して、容疑者をすでに犯罪者の如くに報道し、容疑者の事件に無関係な幼い頃からのプライバシーを報道し続けるいまの日本のマスコミもまた、モラルに欠けて危険です。ムラカミさんはフジテレビやライブドアの経営者でも社員でもなく、インサイダーではなくアウトサイダーなのに、インサイダー取引疑惑というのもよく分かりません。

ムラカミさんは記者会見で言いました。「金儲けは悪いことですか、税金を多く払う人をもっと称えてもいいんじゃあないですか」と。高額の納税をする人や企業があって初めて、我が国の社会保障や高齢者対策、教育経費、高速道路の建設、低額所得者対策などの予算が生まれます。それが資本主義の国家財政だろうと思います。高額納税者にもっと感謝するべきだろうと、私も思います。

戦後の日本は、社会主義を最も成功させた国家であると言われてきました。地方も都会もすべての人が職業を持ち、金持ちのいない格差の小さな社会です。人の何倍も汗流し働いても、給料が増えない仕組みの社会です。リスクを負ってしゃにむに働いて投資家に多額の利益を還元したムラカミさんは、「少しこの国が嫌になったからシンガポールに移った」と言いました。

先週、私はふたつの社会主義国家に行って来ました。フランスとチュニジアです。地中海を隔ててフランスの向かいにある北アフリカのチュニジアには、私の研究室の研究員が最近に帰国して、大学教官になっています。その大学に講演に行きました。チュニジアはアラブの中では珍しく石油の産出がなく、資源の乏しい国ですが、その気候の如く人の心は温かく、街は安全・清潔で穏やかな国です。1956年にフランスから独立した後は、社会主義の共和国として発展してきています。石油成金がいないために、貧富の差が少なかったのが、よかったのでしょうか。

一方のフランスも社会主義国です。そして、こちらは相変わらずの官僚的国営企業サービスと、自尊心の高い市民の暮らす国です。今回の出張でも、エールフランスで機内食サービスの拒否ストライキがありました。ストライキばかりしていると他の飛行機会社に客を奪われそうなものですが、エールフランスはフランスの空を独占する航空会社ですので、顧客の迷惑などどこ吹く風です。空港のカウンターでは、顧客に対して警察官が取り調べをするかの如く官僚的・高圧的で、不親切です。町には駐車違反が溢れていますがみな素知らぬ顔、町では人がぶつかり合って歩いています。

発展途上においては社会主義が国の安定と発展にうまく貢献をし、成熟後にはむしろそれが自由な発展を阻害している様子を、たまたまの数日の間にふたつの国を回ることによって、見比べることになりました。帰国すると丁度、日本では駐車違反の民間委託が始まったところでした。見通しの追い自動車専用道路で物陰に隠れてスピード違反を取り締まる日本は、被害者のいない犯罪の取り締まりが好きな国だといえます。一方、国道や駅前などで歩道に乗り上げて車を停めて歩く人や自転車に乗る人たちが迷惑していても、駐車違反を取り締まらないのが、日本です。検察や警察から先に犯罪を探すのではなく、被害・迷惑を被った人達の声を聞いて、市民を守って欲しいものです。SK

Copyright © 2002-2009 河田 聡 All rights reserved.